自動車保険における外資系会社

任意保険は、自動車の自賠責保険だけでは賄え切れない保証を可能にしてくれる保険です。

 

 

最近はテレビやインターネットなどのメディアの中でも数多く宣伝が行われており、そのシェア争いが在ると言います。
テレビやインターネットなどで宣伝をしている自動車保険は、国内損保、外資系、通販型の保険などであり、これらの市場と言うのは3兆円にも上ると言います。

田舎01

 

自動車の保険は、自賠責保険が有りますが、この自賠責保険は対人に対する保障で、事故を起こしてしまった際の保証もそれほど多くは有りません。
また、相手を死亡させてしまった場合、相手が高度後遺障害になった場合の補償も十分ではありません。
そこで任意に加入をすることになります。

 

 

テレビなどで宣伝されている自動車保険は任意加入をする保険でもあり、国内の損害保険会社の商品もあれば、海外の外資系の商品もあります。
一般的に、任意加入が可能な保険というのは、そのシェア率は上位3つの損保会社で占められており、内訳としては全体の92%をこの3つの損保が占めている事になります。
また、この上位3つの損保の事をメガ損保とも呼んでおり、約3兆2000億円もの内訳を持っているのが特徴なのです。

コメント

コメントを受け付けておりません。