自動車保険における外資系会社

通販型自動車保険とは代理店を間に挟まない自動車保険で、保険会社と顧客がインターネットを介して直接やり取りをする事からダイレクト保険といわれています。

 

 

ダイレクト保険の市場は好きな時間に、手軽に契約ができるだけでなく、中間に代理店が入らない分、低価格という事もあり今後、成長していくだろうと言われている形式です。

 

 

低価格・短時間というメリットのあるダイレクト保険ですが、正しく保険の恩恵を受けるには自動車保険に対する知識が必要となります。代理店の場合はそれを代理店が補ってくれますが、ダイレクト保険は直接保険会社と顧客がやり取りを行うため、顧客側に知識がなければ本来必要な部分の保険が抜けているといった事も発生します。また、事故を起こした時の対応や判断も自身で行う必要があるので、保険の知識だけでなく事故に対する知識も必要となります。

 

 

しかし、正しい知識があれば無駄を省いた必要最低限の自動車保険といったコストパフォーマンスに優れた契約が可能となり、通常と比べて大幅に低価格となります。現在はデメリットも少なくはありませんが、本来正しい知識を持った上で行う契約形式なので、詳しくないとデメリットが多く見えるだけで、知識さえあればメリットのみとなります。

今後、代理店が消えるといった事はありませんが、少しでも経費を安くしたいという方は少なくないのでダイレクト保険ももっと発展していくでしょう。

}PgžxQ

コメント

コメントを受け付けておりません。