自動車保険における外資系会社

自動車に乗る上で必ず加入しなければならないとされているのは自賠責保険ですが、万が一の事故のときに支払われる保険金額に上限があるため、この保険にさらに任意保険に加入している場合があります。

 

任意保険はそれこそ本当に任意であるため、好きな保険会社に自分で加入すればよいのですが、昔と違って今は外資系の保険会社も多くなり、選択肢が大幅に増えています。

 

このため、その種類も豊富になり、顧客獲得に向けて様々なサービスや値引きなどの競争が起きています。他にもインターネットを通じて申し込むところや、そのインターネットで申し込むことで保険金額を値引くところもあるなど、様々です。
保険料だけでなくいざというときに事故の際や、故障などにも対応した保険もあるなど、あの手この手を使ってサービスを拡充し、より顧客獲得に向けて競争が激化しているのが現状です。

 

ただし、注意したいのが保険料ばかりに目が奪われてしまい、保険契約時の制約にまで目が向いていないことがありますので、申し込み時にはよくその約款等に眼を通して把握しておく必要があります。
いざというときに使えなかったでは、何のために加入したのか意味が分からなくなります。適正に任意保険に加入しておきたいものです。

地球08

コメント

コメントを受け付けておりません。